【仕事をがんばりたい人へ】原田マハ著「本日は、お日柄もよく」感想とおすすめ名言

おすすめ本

読書の世界からこんにちは。おまつりです。

今回ご紹介するのは、原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」です。

アート小説でおなじみの原田マハさんが書かれた、お仕事小説。

ドラマ化や舞台化もされた人気小説です。

ここでは「本日は、お日柄もよく」を読んでみてどんな人に読んで欲しいか?感じたことや

おすすめのフレーズを紹介していきます。

「本日は、お日柄もよく」のこと

 

作品情報

タイトル:「本日は、お日柄もよく」
著者:原田マハ
発売日:2013/6/7
出版社:徳間書店
ページ数:381ページ

ドラマ化や舞台化もされており、人気作品なのがうかがえますね。

人気映画、ドラマ、アニメが見放題 !
Huluなら100,000本以上のドラマ・映画・バラエティ・アニメが見放題!まずは2週間無料お試し!

 

 

Amazon.co.jp

 

「本日は、お日柄もよく」あらすじ

二ノ宮こと葉は、製菓会社の総務部に勤める普通のOL。
他人の結婚式に出るたびに、「人並みな幸せが、この先自分に訪れることがあるのだろうか」と、気が滅入る27歳だ。
けれど、今日は気が滅入るどころの話じゃない。
なんと、密かに片思いしていた幼なじみ・今川厚志の結婚披露宴だった。
ところが、そこですばらしいスピーチに出会い、思わず感動、涙する。
伝説のスピーチライター・久遠久美の祝辞だった。
衝撃を受けたこと葉は、久美に弟子入りすることになるが…。

「BOOK」データベースより

 

「本日は、お日柄もよく」はこんな人に読んで欲しい!

こんな人におすすめ!

・仕事のモチベーションを上げたい人
・話すことをお仕事にしている人
・スピーチライターのお仕事に興味のある人
・お仕事小説が好きな人
・何かをがんばる勇気が欲しい人

  

  

「本日は、お日柄もよく」を読んだきっかけや感想、おすすめ名言

「本日は、お日柄もよく」を読んだきっかけ

私が原田マハさんに出会ったのはこの本が初めてでした。

当時、ちょうど新しいことを始めようとしていた時期で、

ちょっと不安だな」

「だれかに背中を押してほしい」

と、そう思っていた時に紹介していただいた作品です。

「本日は、お日柄もよく」の感想

冒頭、おもしろおかしい展開からはじまったと思いきや、その直後には涙必至の

感動スピーチが登場します。

 

はじめからこんなに号泣させるの?この本は!

 

このスピーチを考えたのが、言葉のプロフェッショナルと呼ばれている「久遠久美」。

久美の考えるスピーチは、聴いている相手のことはもちろん、その周りの人にまですっと

入ってくる、あたたかい言葉が並んでいます。

本当に心がポカポカします。

終盤に向かうにつれ、どうしても政治に関する内容が増えてきます。

その理由はネタバレになるのでお伝え出来ませんが、特に読みにくいということもなく

テンポよく物語が進んでいくので安心してください。

久美以外にも、言葉に携わる人物がいます。

詩人である、こと葉のおばあちゃんです。

おばあちゃんもまた言葉の達人であり、こと葉に「言葉の力を信じること」

教えてくれます。

私もおばあちゃんの助言通り、その時々で思い浮かんだいいな、と思う言葉を書きとめて

おくようになりました。

スピーチという声に出して発信する以外にも、SNSが発達している今の時代においては

相手の気持ちや背景をくみ取って、「どのように伝えるか?」はとても重要だと感じています。

 

自分の発した言葉で周りを落ち込ませるのも元気づけるのも、全部その言葉次第

人を傷つける言葉ではなく、人を元気づける言葉を私は使っていきたいです。

この本では言葉の魅力や力強さを勉強させられました。

 

心に響いたおすすめ名言

困難に向かい合ったとき、もうだめだ、と思ったとき、想像してみるといい。

三時間後の君、涙がとまっている。
二十四時間後の君、涙は乾いている。
二日後の君、顔を上げている。
三日後の君、歩きだしている。

「本日は、お日柄もよく」本文より

今でも少ししんどいことがあった時には、本を引っ張り出してきてこの文章だけを

眺めたりします。

InstagramやTwitterを見ても、この名言を推している方が大勢いらっしゃいました。

 

まとめ

今回は原田マハさんの「本日は、お日柄もよく」をご紹介しました。

ご紹介した以外にも、数々の心打たれる名言や感動スピーチが登場します。

この本を読むことで、皆さんも言葉の力を信じてみませんか?そして前へ進みましょう!

ご一緒に!!

同じ著者のおすすめ本

コメント

タイトルとURLをコピーしました